トマトで新規就農したい、そんな理想を北斗で実現。トマトで新規就農したい、そんな理想を北斗で実現。

 以前は共同通信社の記者だった勝𥔎さん。広島、東京、埼玉、函館。日本中を転々とし、定年退職を機に北斗市へ移住した。「もともとは倶知安町の出身です。50歳から3年間、共同通信社の函館支局に支局長として来ていました。その頃、趣味のつながりでたくさんの友人・知人ができたんです。それで退職後は知り合いが多い道南の北斗市に住もうと思いました」。

 仕事は楽しく、遊びはまじめに。そんな勝𥔎さんのモットーは、多彩な趣味に現れている。彫刻や手打ちそば、空手。話を聞けば聞くほど、一つひとつが本格的だ。「函館にいたときは五稜郭の近くで彫刻を教わっていて、今でも彫刻は続けています」と、立派な木彫りの彫刻や器を見せてくれた勝𥔎さん。「大野町(現在の北斗市)に生まれた蕎麦愛好会の依頼で、そば打ちを教えていました。『はじめてのそば打ち』という本のモデルもやったことがあるんですよ」。そば打ち会で仲良くなったメンバーは、移住する際にも家探しを手伝ってくれたそう。まさに人の縁が結んだ移住だった。

  • photo01
  • photo02

時間の使い方は自分で決める。畑で増えた、親子の時間。時間の使い方は自分で決める。畑で増えた、親子の時間。

 日本各地を転々としてきた勝𥔎さんは言う。「どこの土地でも、うまくやっていくには人と人との関係が大切だと思います。特に自ら地域のコミュニティに参加しようとする姿勢はとても大事です。僕は空手やそば打ちなどの趣味のおかげで、地域と馴染むことができた。それは北斗での人とのつながりがあったからできたと思っています」。多彩な趣味が、人との交流の和を広げてくれた。

 現在は週に2回、空手道場を開いている。「この道場も、関東で所属していた総合武道団体の宗家が、北海道地区本部の創立を勧めてくれたのがきっかけです」。勝𥔎さんはその本部長を務めている。「現在は、木曜の夜と土曜の午前に道場をやっています。北斗市内はもちろん、函館から来る方もいます。生徒さんは大人も子どもも半分ずつくらい。親子で汗を流し、ひとつのことをやるというのが大きな狙いです」。道場は地元の人たちとつながる場となっている。

うまくいかないときこそ家族の絆で乗り越える。うまくいかないときこそ家族の絆で乗り越える。

 地域の子どもたちと関わる機会も多い勝𥔎さん。「今の子どもたちは、近所の人と仲良くしたいんだけど、親からは知らない人と話しちゃだめと言われて、複雑な環境に身を置いてますよね。そんな状況を地域の中で解消できないかなと思っています」。勝𥔎さんはできるだけ地域の行事や学校の行事に顔を出すなどして、顔を覚えてもらうようにしているという。

 「学校でも家庭でもなく、近所の人だから話せることってあると思うんです。子どもたちが特に。安心して気軽に話しかけられるご近所さんになれたら」。そして、「移住を考える人にとっても、気軽に相談に乗ってくれる人が近所にいたら心強いですよね。そんな地域を作りたいです」とこれからの目標をあげる勝𥔎さん。その目の奥にあったのは、かつてのジャーナリストを思わせる鋭い目線と、移住の先輩としての温かい眼差し。それは、これから移住を考えている人を見守り、応援するエールにも見えた。

  • photo03
Q & A
  • Q1:休日の過ごし方を教えてください。
    A1:妻が行っている家庭菜園の手伝いや、趣味の彫刻を楽しんでいます。
  • Q2:地域の人とどのように交流していますか?
    A2:以前は、小学校でそば打ちを子どもたちに教えていました。現在は、空手道場を週に2回開き、子どもから大人まで空手を教えています。
  • Q3:移住を検討している人へメッセージ
    A3:1回きりの人生ですし、移住のチャンスがあれば前向きに検討してみてください。実際に移住した人から話を聞いてみるといいですよ。
Q & A

家族構成:勝𥔎捷二さん(74)・繁子さん(74)
職業:空手道場運営
移住歴:15年(2002年に移住)
以前の居住地:神奈川県横浜市
移住のきっかけ:定年退職

四季の変化がはっきり。四季の変化がはっきり。

平成28年3月26日に開業した北海道新幹線は、北海道と日本各地をつなぎます。北斗市内にある新函館北斗駅からは東京まで最速4時間2分、仙台まで2時間30分、新青森まで1時間1分で結び、旅行や帰省、出張にも便利です。

将来を見据えた教育環境。函館市内への通学も約20分。将来を見据えた教育環境。函館市内への通学も約20分。

北斗市では、市独自の制度として、68歳以上の方の医療費を一部助成しています。入院外診療の場合は、保険医療機関ごとに400円/月、入院診療の場合は保険医療機関ごとに300円/日を助成。また、68・69歳の方は、一般的に医療費の負担割合が軽くなる70歳の方と同割合で診療を受けられるよう、差額を市が負担し、高齢者にもやさしいまちづくりを進めています。

キャンプが好きなパパもうれしい「きじひき高原」「上磯ダム公園」「湯の沢水辺公園」。キャンプが好きなパパもうれしい「きじひき高原」「上磯ダム公園」「湯の沢水辺公園」。

休日は函館~木古内を走る「道南いさりび鉄道」でおでかけ。海岸線を走る車窓からは津軽海峡を望めます。途中、茂辺地駅で下車して茂辺地北斗星広場へ。寝台特急「北斗星」がかつてのままに展示してあります。渡島当別駅で下車すれば石別地区の自然豊かな景色や日本初の男子修道院であるトラピスト修道院が皆様をおむかえします。

就農支援、企業・創業支援制度が充実。就農支援、企業・創業支援制度が充実。

台風の接近が少なく、接近した場合でも勢力が弱まっているケースが多い北斗市。こうした台風や地震、洪水といった自然災害は道内でも比較的少ないとされており、生活のリスク回避に適しています。

他の北斗ファミリーのインタビューはこちら他の北斗ファミリーのインタビューはこちら